50代になったら「エイジングケアライン化粧品」がおすすめ!アンチエイジングケアを

50代になったら「エイジングケアライン化粧品」がおすすめ!アンチエイジングケアを

50代になったら「エイジングケアライン化粧品」がおすすめ!アンチエイジングケアを

50代になったら「エイジングケアライン化粧品」がおすすめ!アンチエイジングケアを年齢を重ねると肌の調子には変化が出ます。急激な衰えを感じ始めるのは、やはり40~50代です。

 

アラフォー・アラフィフになると、今までとの肌との違いを少なからず感じるものです。

 

30代はお肌の曲がり角とよく言いますが、40代以降になると、女性ホルモンが減少することで、さらに肌の調子は低下していきます。女性ホルモンの「エストロゲン」が、閉経にむけて減少していくことが、肌トラブルの要因のひとつです。

 

エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、美容に関わる働きがあります。このホルモンが減ることで、コラーゲンはさらに減少し、皮脂分泌も減ることで肌は乾燥します。

 

さらに、ターンオーバーが遅れて、サイクルが乱れます。50代になると、20代のころの2倍の周期ほどになり、古い角質が表皮にのこって、肌はごわついてしまいます。

 

この結果、顔全体にさまざまな肌トラブルが起こります。多くの方が悩んでいる肌トラブルといえば、「シミ、くすみ、シワ、ほうれい線、たるみ、フェイスラインのくずれ、毛穴のたるみ」など。

 

年齢を重ねて起こる肌トラブルには、年齢に見合う化粧品で対抗しましょう!エイジングケアラインの化粧品で、自分に合うものを利用することにより、今よりずっと若々しい肌に、また今後の肌で差をつけることもできます。

 

もっとも意識したいのは、なんといっても「保湿」です。50代の肌の水分保持力は、20代に比べて半分以下にまで低下するので、徹底的な保湿が必要になってきます。

 

「コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチン」など、基本の保湿成分を肌に与えていきましょう。

 

それから、「ビタミンC誘導体」もおすすめです。ビタミンCそのものよりも還元力があり、シミ対策にもなりますし、肌内部でコラーゲン生成を助けることができます。

 

ほかにも、「プラセンタ、アスタキサンチン」など、エイジングケア成分はいくつかあります。ぜひ、自分に合うエイジングケアラインの化粧品で、毎日スキンケアしてみてください

▲TOP