50代女性の乾燥肌・インナードライ肌はどう改善する?『セラミド』補給で潤いを!

50代女性の乾燥肌・インナードライ肌はどう改善する?『セラミド』補給で潤いを!

50代女性の乾燥肌・インナードライ肌はどう改善する?『セラミド』補給で潤いを!

50代女性の乾燥肌・インナードライ肌はどう改善する?『セラミド』補給で潤いを!加齢によって身体のあちこちは衰え、年齢を感じるものです。50代は、肌(皮膚)にも大きな変化が出る時期です。

 

とくに、「乾燥」がひどくなります。もともと普通肌で保湿されていた肌も、一気に潤いが失われて乾燥状態に…。

 

これが、シワやたるみ、シミを目立たせるなど、他の肌トラブルを誘発します。

 

しかも、肌が乾燥していると、つっぱり感も出ますし、肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなります。

 

今まで使っていた基礎化粧品にさえ反応して、ヒリヒリと肌が荒れてしまうこともあります。

 

なぜ乾燥するかというと、女性ホルモンが急激に減少して、肌を保護する皮脂の分泌も減ること、それに加えて、肌の保湿成分が減少していくことです。

 

一般的にコラーゲンやヒアルロン酸が、保湿のために欠かせないことで有名です。確かにこれらの成分も加齢とともに減るので、十分に補給することが保湿に欠かせません。

 

ですが、見逃してはならない成分が「セラミド」です!

 

セラミドとは、表皮の角質層にあり、細胞間を埋める役割のある細胞間脂質のことです。このセラミドが減少してしまうと、乾燥肌は加速しますし、キメが荒くなってしまいます

 

保湿して肌のキメを整えるためにも、セラミドは必須ですので、50代女性にはセラミド化粧品がおすすめです。また、セラミドと同じ作用を持つ、リポソーム化した保湿化粧品を使う方法もあります。

 

リポソーム技術とは?

年齢を重ねると、美容成分が肌に浸透しにくくなります。

 

美容成分が浸透しないことには、良い美容液や化粧品を使っても十分な効果が期待できません。

 

浸透率の高い成分を使うこともおすすめですが、美容成分の維持を高めてくれる技術が「リポソーム技術」です。

 

この技術によって開発された化粧品には、肌に潜在する善玉菌を整えてくれます。

 

簡単にいうと、肌本来の保湿力を高め、しっかりと保湿したい方に適した技術です。

 

50代の乾燥には「オイル」も必要!

スキンケアで、オイル・油分はベタつく印象があり、避けている方も多いかもしれません。ですが、50代の乾燥には、オイルも必要不可欠です。

 

年齢を重ねると女性ホルモンが減少し、エストロゲンには皮脂の分泌に関わる働きがあるため、皮脂分泌が減ることでも乾燥し、肌のバリア機能を低下します。

 

ですから、皮脂を補う意味で油分も必要になります。

 

たとえば、「植物性ホホバオイル」や「動物性スクワラン」、「馬油」などがあります。油分を含むクリーム、乳液は必ずスキンケアに取り入れて、化粧水や美容液をつけた最後に仕上げで使いましょう。

 

また、乾燥していると、触るだけでも刺激になることがあるので、オールインワンジェルで保湿する方法もおすすめです。最小限に肌に増える行為を抑えられます。

 

保湿された肌になってから、またスキンケアラインを揃えて使う方法もありです。

▲TOP