50代の若い肌作りにはファンデーションの塗り方にコツがある!ナチュラルに仕上げる

50代の若い肌作りにはファンデーションの塗り方にコツがある!ナチュラルに仕上げる

50代の若い肌作りにはファンデーションの塗り方にコツがある!ナチュラルに仕上げる

50代の若い肌作りにはファンデーションの塗り方にコツがある!ナチュラルに仕上げる「シミ、くすみ、シワ、ほうれい線」と、何かと目立つ肌トラブルが気になる年代が50代です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の保湿、美肌に欠かせない成分は減っていきますし、「美肌ホルモン」と呼ばれる「エストロゲン」という女性ホルモンも急激に減少します。

 

この結果、肌は乾燥していき、シミやくすみ、シワやほうれい線が目立つようになります。目の下のクマなど、悩みの種は多いものです。

 

どれも老けた印象をもたれやすいので、化粧でカバーしようとされる方が多いと思います。そのあまり、つい「厚化粧」になっていませんか?

 

やっとシミやシワが隠せたと満足いくメイクができても、鏡でみてみると、首と顔の色が違いすぎる!また、化粧崩れしやすく、日中にはボロボロに…。なんてことありませんか。

 

ファンデーションの厚塗り、厚化粧は、逆に老けた印象になるので気を付けましょう!実年齢が50歳でも、60歳近くに見られる可能性もあります。

 

50代の年齢肌を若く見せるには、化粧のコツをつかんで、ナチュラルに仕上げることです。

 

ナチュラルに仕上げるコツは、これです!

 

  • ファンデーションを軽く塗ること
  • 化粧下地を使う
  • コンシーラーを活用する

 

まず、ファンデーションですが、50代に適したものを選びましょう。スキンケア用の基礎化粧品と同じように、年齢に合うものがおすすめです。

 

とくに「リキッドタイプ」が適しています。パウダータイプよりも潤いがあるので、浮きにくく、ナチュラルにも仕上げやすいです。ミネラルファンデーションも潤い力がありますし、たとえば「CCクリーム」も50代女性の化粧にはおすすめです。

 

CCクリームの場合、これ1本で化粧下地や日焼け止めにもなりますし、シミや毛穴を隠しやすいところがメリットです。

 

普通のリキッドタイプを使う場合も、化粧下地を使うことで、ファンデーションを厚塗りしなくても、毛穴やシミを目立たなくすることができます。

 

また、パール系のファンデーションなら、ハリを演出することができます。ファンデーションの塗り方のコツとしては、スポンジやふでを使うときに、いったん、手の甲を経由することです。

 

一度、手の甲でぽんぽんっとファンデーションをなじませてから、顔に塗っていくと、浮きにくくなります。

 

目元のアイメイクなどもなるべく薄く仕上げることで、若々しく演出できます。

 

また、下準備もポイント!お化粧を始める前に、きちんとスキンケアをして保湿しておくと、ファンデーションの浮き、粉が噴く、化粧崩れなどのトラブルを防ぐことができます。

 

最近のファンデーションは、保湿性に優れたものも登場しているので、ぜひ潤いのあるタイプを試してみてください。

▲TOP