50代女性にオススメ!化粧品ランキング!

50代女性にオススメ!化粧品ランキング<化粧品選び・スキンケアのコツ特集>

50代になると、肌は大きく変化します。

 

お肌の曲がり角を曲がったあと、そこからどのように対策するかによって、今後に違いが出ます。

 

スキンケアを見直すなら、今しかありません!

 

肌の悩みには人それぞれ差がありますが、30代を過ぎたあたりから、少しずつ変化が見え始めます

 

  • 小じわ
  • シミ
  • 乾燥
  • ハリや弾力がない
  • たるみ

 

このあたりが、多くの女性が抱える肌の悩みです。そして、40代、50代となると、小じわは目立つほどのシワ、ほうれい線が深く刻まれて、シミも目立ちくすみに、肌もたるんでしまいます。

 

30代からコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、肌の潤いやハリ・弾力に必要な成分が減少していき、50代でたるみが進行することによって、コラーゲンを支える脂肪もおちてフェイスラインもくずれてしまいます。

 

ですが、スキンケア次第で、その悩みは解決へ!!

 

50代でもまだまだ30代に見える人も、はたまた60代に見られる人もいるように、スキンケアで差がつきます。実年齢は変わらずとも、見た目年齢を若くする方法はありますから、スキンケアを見直してみませんか?

 

当サイトでは、口コミや評判などから50代におすすめの化粧品のほか、肌の特徴やトラブルの改善方法を配信しておりますので、ぜひ参考にしてください。

50代になると「美肌ホルモン」が急激に減少!だから肌に大きな変化が…

40代から肌の老化が加速し、50代になると急速に進行します。

 

これは一言でいうと、加齢による老化現象ですが、もう少し詳しくいうと、「女性ホルモン」が関係しています。

 

加齢によって女性ホルモンが減ることは多くの方がご存知かと思います。生活習慣によっても女性ホルモンは乱れますが、40~50代の女性はとくに、年齢的要素が影響します

 

それは、「閉経」です。ひとつの分岐点といえるでしょう。

 

閉経前後5年の10年間を更年期としています。この時期になると、急激に女性ホルモンが減少していきます。女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という種類があります。

 

前者のエストロゲンこそが、女性にとって美容に関わっています。エストロゲンは別名、「美肌ホルモン」と呼ばれるほど、肌に関わっています。

 

たとえば、これらの役割が挙げられます。

 

  • 皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の促進
  • コラーゲン生成を活発にする

 

美肌に関わる働きを担っているホルモンであることから、エストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれています。

 

ですから、50代になると、急激に肌に変化が出て、老化が加速してしまいます

 

さらに、50代になると肌の乾燥も加速します。皮脂が加齢とともに減っていき、肌の保湿機能が低下します。

 

この結果、乾燥肌で肌はかさつき、粉が噴くこともありますし、「シワ」の原因にもなります。目尻のシワやほうれい線が目立ち、さらに弾力が低下して肌がたるむことで、より一層老けた印象をもたれてしまいます。

 

ターンオーバーのサイクルが遅れることで、色素沈着も起こりやすくなるので、「シミ」も目立ちはじめ、次第に顔全体のくすみにもなってしまいます。

 

ターンオーバーが乱れ、さらに皮脂が減っていくことで乾燥し、肌のバリア機能は低下します。すると、紫外線などの刺激に弱くなり、刺激を受けて色素沈着が起こる、シワが増えるなど、余計に肌のトラブルが増えてしまいます

50代女性のスキンケアのコツとは?

年齢を重ねて肌も老化します。とくに50代になると、急激に肌の調子が落ちて、悩みが増えてくるものです。

 

小じわがはっきりと深く刻まれて目立ち、シミも色が濃くなり、顔がたるんでフェイスラインは崩れてしまいます。よくたとえられるのが、犬のブルドッグです。

 

このような肌の悩みを「年齢的にしょうがない」と諦めるのは、まだ早いですよ!

 

これからのスキンケアで、今の悩みを解決し、今後の肌を美しくみせることができます。今正しいスキンケアをすることで、これから先、見た目年齢に違いが出てくるものです。

 

まず、一番に意識したいケアは「保湿ケア」です。これは絶対的に必要です。加齢とともに、肌の皮脂分泌は減っていき、乾燥がひどくなります。

 

すると、肌のハリや弾力は失われてたるみが起きて、シワやシミも目立ち、さらに肌のバリア機能が低下して、敏感になり、紫外線などのダメージを受けやすくなってしまいます。

 

美肌の基盤を作るために欠かせないのが、保湿ケアになります。たとえば、「コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチン」などの成分はもともと肌に備わっている、肌の潤いに欠かせない成分です。

 

これらを補給して、不足しないようにケアすることで、保湿になります。

 

他にも、「アミノ酸」や「コンドロイチン」もおすすめ。コンドロイチンには、優れた保湿力があるので、エイジングケアにとっても欠かせません。また、女性ホルモンが減ることも間接的に肌の乾燥につながっていくため、女性ホルモンの働きに似た「大豆イソフラボン」も効果的です。

 

保湿に必要な成分をおぎなうことによって、加齢とともに乾燥する肌の対策になりますし、美肌ケアにつながります。

 

それから、肌はデリケートになっているので注意しましょう。スキンケア用の基礎化粧品も、アルコールなどが入っていて刺激が強いと、それに反応して肌の調子が落ちてしまうので、無添加や天然由来成分を使ったものがおすすめです。

 

とにかく保湿成分が豊富に含まれた基礎化粧品で、肌の基盤を作ることを意識してください。また、50代になってターンオーバーが乱れることも、肌のコンディションが悪くなる原因要素なので、そこにアプローチする「コエンザイムQ10」などもおすすめの成分です。

 

肌にやさしく、保湿性の高い化粧品でまずは肌の基盤を整えていきましょう。エイジングケア効果もある化粧品なら、若々しさを取り戻すスキンケアになります。

 

肌は保湿されると自然とバリア機能も高くなるので、外部刺激から肌を守る力も強くなります。シミやシワが増えるのを防ぐことにもなります。

毛穴のたるみ・肌のたるみに「セラミド」補給で対策!

年齢を重ねて50代になると、急激に肌の老化が進みます。とくに多くの女性が気になっている肌の悩みといったら、やはり「たるみ」ではないでしょうか。

 

毛穴トラブルは若いうちから悩まされますが、毛穴トラブルもいろいろとあります。黒ずみ毛穴に悩まされていた若いころとは変わり、50代になると、毛穴の開きおよびたるみが目立つようになってきます。

 

毛穴の形状が縦長になり、たるんだ毛穴は化粧をしても目立つものです。若い肌なら潤いが備わっていて弾力があり、ハリが出ているため毛穴がたるむこともありません。それが、年齢とともに低下していき、毛穴までたるんでしまうのです。

 

年齢を重ねると、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」といった潤い成分が減ることはよく知られています。そのため、それらの成分を配合した化粧品をお使いになっているのではないでしょうか。

 

ですが、50代はスキンケアを見直す分岐点です。注目していただきたい成分が「セラミド」です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸と同様に、肌のハリや弾力に欠かせない保湿成分であり、加齢とともに減っていきます。この性質があるので、セラミドも補給していかないと、毛穴のたるみをキュッと引き締めて、顔全体のフェイスラインを整えることができません。

 

そこで必要になるのがセラミド。セラミドとは、肌の表皮に一番近い角質層に存在する潤い成分です。セラミドは比較的コストが高いのですが、細胞間脂質として若々しい肌に欠かせない存在なので、50代女性のスキンケアには必須といえます。

 

スキンケア用の基礎化粧品選びでは、ぜひ、セラミドの配合の有無もチェックしてみてください。

 

セラミドやヒアルロン酸、加齢とともに減っていく潤い成分をしっかり補給して保湿してあげると、肌のコンディションが整います。

 

セラミドで細胞間が埋まることで、紫外線などの外部刺激からの保護力も高まり、肌トラブル対策になります。今の肌を若くするだけでなく、これ以上、老け印象の肌トラブルを防ぐためにも必要になります。

 

それから、50代女性が意識したいことはもうひとつ。それは、「女性ホルモン」についてです。

 

閉経を迎えるにあたってデリケートな時期になり、エストロゲンという別名「美肌ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れます。このホルモンバランスの乱れの対策も、アンチエイジングや美肌ケアに欠かせません。

 

そのためには、「大豆イソフラボン」などのエストロゲンに似た働きを持つ成分の摂取もおすすめですし、生活習慣の見直しも必要になってきます。

 

バランスのとれた食生活や十分な睡眠、適度な運動など、規則正しい生活習慣を意識してください。紫外線対策と保湿ケア、そして生活習慣の改善が、美肌ケアになります。

目立つシワには保湿で対抗!50代女性に必須の保湿ケア

50代もまた、肌の変わり目といえます。女性ホルモンの変化や、著しく潤い成分が減っていくことによって、肌は乾燥していき、あらゆる老け印象になる肌トラブルが目立ちます。

 

ダントツで50代が気になるトラブルといえば、「シワ」ではないでしょうか。たるみやシミもそうですが、シワも深く刻まれて、40代よりもずっと気になる肌トラブルになります。

 

なぜシワが目立ってしまうのか。それはひとえに、肌が乾燥しているからです。肌トラブルの根本を見ると、そこには乾燥がつきもの。ですから、乾燥した肌を潤った肌に改善していく必要があります。

 

50代女性の第一のスキンケアは保湿ケアです。それも、今まで通りの保湿ケアでは効果が期待できません。丁寧にしっかりと保湿してあげないと、肌はすぐ乾く年ごろです。

 

女性ホルモンが減ることでも肌は乾燥しやすくなりますし、「コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド」などの潤い成分も減少します。肌が乾燥する条件がそろってしまう年代なので、しっかりめの保湿ケアが必須になります。

 

肌に潤いがあるのとないのとでは、シワの目立ち方にも差が出ます。それだけではありません。顔がやせたり、たるんだり、弾力が失われるのも、保湿されていないから。

 

乾燥した肌はバリア機能も低下し、さらに肌トラブルを呼び込む状態になっているので、一刻も早く潤いを補給してあげましょう。ちなみに、乾燥していると、化粧品の成分にも反応してしまうことがあります。

 

とくに乾燥がひどいときは、なるべく肌にやさしい成分を使っている保湿性の高い化粧品でスキンケアをしましょう。

 

若いころから同じラインの化粧品を使っている方も多いですが、それでは十分なスキンケアになりません。一度、基礎化粧品すべてを見直してみてください。

顔のシミやくすみはどうする!?ターンオーバーを促進

50代女性の多くが悩む肌のトラブル。「シミ」や「くすみ」に、頭を抱えていませんか。鏡を見るたびに落ち込む、化粧をしてもカバーしきれない、どうしてもファンデーションが厚くなる。

 

シミの出やすさには個人差がありますが、小さなシミも、50代になると目立つようになってきます。色は濃くなり、範囲も広がって、顔全体がくすんで暗い印象になります。実年齢より老けて見られる原因のひとつでもあります。

 

シミの原因といえば、皆さんご存知の紫外線です。ですが、若いころは何もしなくても、シミなんてできませんでしたよね。

 

なぜかというと、それは「ターンオーバー」が活発だったからです。一般的にターンオーバーは28日サイクルになっています。肌が生まれ変わり、古い角質は自然と剥がれ落ちて、新しい細胞が表皮に出るため、シミができません。

 

ところが、年齢を重ねるにつれてターンオーバーは乱れてしまいます。50代にもなると、ターンオーバーのサイクルはどんどん遅くなります。

 

この結果、シミの元になるメラニン色素が定着して、立派なシミが作られてしまいます。体内で活性酸素も増加し、そこに拍車をかけます。若いうちに受けたダメージも、この年になってあらわれることもあります。

 

つまり、シミやくすみを改善、対策していくためには、紫外線対策とともに、ターンオーバーを促進することを意識しましょう。紫外線対策では、外出の際には日焼け止めクリームをこまめに塗るほか、日傘などで対策を行ってください。

 

自宅では、ターンオーバーを促進するように、活性化させる成分配合の化粧品や保湿化粧品でスキンケアしていき、生活習慣も整えるようにしましょう。

 

また、できてしまったシミを消していくためには「美白ケア」が必要になります。美白化粧品を上手に取り入れることで、今あるシミやくすみを目立たなくしたり、透明感を出すことも可能です。

 

とくに効果的な美白成分は「ハイドロキノン」や「アルブチン」です。ハイドロキノンに関しては従来は医療成分で、「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、美白効果に優れています。

 

ただし、刺激が少し強めなので、肌が整っている状態で使いたい成分です。まずは保湿をして肌の基盤を整えてから、ハイドロキノン配合の化粧品を利用すると、気になるシミも目立たなくすることができます。

 

アルブチンは植物由来成分であり、比較的肌にやさしく美白効果もあります。メラニン色素の合成を阻害する働きがあるので、シミ対策になります。デリケートな肌でも使いやすいところが、アルブチンの特徴です。

 

シミやくすみが気になる方は美白化粧品がおすすめですが、根本的な改善のためには、ターンオーバーも意識してみましょう。また、血行促進のマッサージもおすすめです。マッサージをすることで血行が促されて、顔色もよくなります。

 

ファンデーションの厚塗りともおさらば。ナチュラルに仕上がるようになると、若く見えるものです。

老け顔を印象付ける「ほうれい線」は消える!?スキンケアのコツ

自分の年齢を感じる肌のトラブルといったら、「ほうれい線」かもしれません。口元にくっきりと浮かぶ、ほうれい線のシワは老けた印象の元になります。

 

50代になって突然ほうれい線があらわれたように感じるかもしれませんが、若いうちからのダメージの蓄積でほうれい線がくっきりと出てしまいます。

 

たとえば、若いうちから乾燥肌になっていると、外部ダメージを受けやすくなり、紫外線の影響などが蓄積されていき、ほうれい線が出てしまいます。

 

ほうれい線が発生する原因にはいくつかありますが、やはり、一言でいうと乾燥です。肌の潤いやハリが減り、コラーゲンが不足することによって、ほうれい線はどんどんと目立つようになります。

 

早いうちからケアをして、十分に保湿されていると、乾燥肌も改善されてエイジングケアになり、ほうれい線対策になります。

 

ほうれい線が気になるようになったら、保湿ケアとエイジングケアを施しましょう。保湿性に優れたエイジングケア化粧品が、50代のスキンケアにおすすめです。

 

また、顔の筋肉が衰えることでも、ほうれい線がくっきりと出てくることがあります。筋肉も年齢とともに衰えてしまうものなので、顔の筋肉強化もおすすめのケアになります。

 

マッサージや表情筋のストレッチを行うと、筋肉を鍛えて、ほうれい線対策になります。

50代におすすめの化粧品 エイジングケア化粧品のポイント

50代になったら、今まで通りのスキンケアでは、肌の調子を良くすることができません。好きな化粧品、長年使っていて愛着があっても、スキンケアを見直すタイミングです。

 

シワやシミなど、肌トラブルを実感し始める50代には、エイジングケア化粧品がおすすめです。エイジングケア化粧品にも、いろいろな種類があります。

 

50代になったら、基礎化粧品はこれらの条件を満たすものが、エイジングケアにおすすめです。

 

  • 保湿作用があるもの
  • 美白作用があるもの

 

なにかと肌が乾燥すると、肌トラブルは繰り返してしまいます。シワやシミが目立つ原因も、乾燥肌にあります。

 

ですから、乾燥を改善して保湿された肌を維持するためには、保湿性に優れた化粧品を使うようにしましょう。

 

軽い保湿力では、50代の肌に対応しきれません。たっぷりの保湿成分が配合された、保湿効果の高い化粧品がおすすめです。

 

保湿成分では、「コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン」がおすすめの成分です。これらはもともと体内にあるのですが、加齢とともに減っていくので補うようにしましょう。

 

次に、シミが気になる人には美白作用のある化粧品がおすすめです。美白効果でいうと、「ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン」などがあります。

 

ビタミンC誘導体は抗酸化作用があり、アンチエイジングになります。また、アルブチンは植物由来で美白効果に優れています。ハイドロキノンがとくに美白効果が高い成分ですが、刺激も強いので注意しましょう。

 

総合的にエイジングケアになる成分には、「プラセンタ、コエンザイムQ10」などがあります。50代になったら、エイジングケア成分や保湿成分がたっぷりの化粧品を使うようにしましょう。

 

それから、「浸透性」も要チェックです。年齢を重ねると、どうしても肌に美容成分が浸透しにくくなっています。

 

しっかりと効果を引き出すためには、浸透性の良い美容成分がおすすめです。成分がナノ化・低分子化されていると、肌に浸透しやすくなっています。

 

また、スキンケアの前に、顔のマッサージをしたり、温めたりすると、美容成分が浸透しやすくなります。

50代女性の化粧品選びは「やさしさ」も大切!

子どものころは大人びて、大人っぽく見せたいものでした。ですが、実際に年齢を重ねると、誰でも若く見られたいものです。

 

現在では「美魔女」という言葉が浸透し、若さあふれるアラフォー・アラフィフ女性も多いですよね。いつまでも若々しい肌を維持し、また、肌の若返りには、エイジングケアが必要になります。

 

今使っている基礎化粧品を見直して、アンチエイジングになる化粧品を選びましょう。

 

とくに、50代になると肌は乾燥しやすくなります。20代に比べると、水分の保持成分の量は、なんと50%以下になります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、保湿に欠かせない成分をおぎなっていきながら、エイジングケア成分でケアしましょう。

 

それから、活性酸素対策やコラーゲンを増やすためには、ビタミンCもおすすめの成分です。

 

ビタミンCには活性酸素を除去する抗酸化作用があり、さらに体内でのコラーゲンの原料になります。ビタミンC誘導体はとくに、効率よくビタミンC補給になります。

 

基礎化粧品では、保湿成分や美白成分を含んでいるものがおすすめできますが、とくに気を付けたいのは「やさしさ」です。

 

肌が乾燥していると、バリア機能が低下していて、敏感肌になっています。とてもデリケートな状態で、基礎化粧品の成分でさえ、肌に影響して肌荒れやトラブルを招くことがあります。

 

たとえば、アルコール・エタノールや、合成着色料や合成香料など。添加物が配合されていると、今までは肌に影響がなかった人でも、乾燥肌によって添加物が影響し、肌トラブルの元になってしまいます。

 

ですから、化粧品選びでは、肌への刺激が少ない、低刺激も条件に選ぶことがポイントになります。低刺激で保湿性に優れた化粧品で調整しながら肌を整えると、ハイドロキノンなどの優れた美白成分が使えるようになります。

 

まずは肌にやさしい成分で肌を整えて、健やかな肌を作りましょう。化粧水から乳液・クリームまで、低刺激で保湿性に優れたもので揃えてみましょう。

 

化粧水をたっぷりと浸かって、クリームでふたをすることで、肌を保湿して、シワやシミの原因になる乾燥肌を改善できます。

 

50代女性必見!おすすめの基礎化粧品ランキング

decencia アヤナス トライアルセット

おすすめポイント!

大人気の化粧品ブランド、ポーラ・オルビスグループから生まれた化粧品をご紹介します。『decencia(ディセンシア)アヤナスシリーズ』は、敏感肌のための化粧品ブランドです。


敏感肌向けに作られているので、年齢を重ねて乾燥し、デリケートになっている肌にも安心です。注目すべきは、アヤナスの特許技術である「ヴァイタサイクルヴェールR」です。これは、外部刺激をブロックし、徹底的な保湿効果によって肌のバリア機能を高めることができます。


さらに、アヤナスのオリジナル成分が、コラーゲン産生量を170%にアップ!年々減っていくコラーゲンを増やす効果も期待できます。しかも、ストレスからくる肌荒れも考慮して、肌荒れ対策にもなります。


肌のハリや弾力アップ、ほうれい線やシワの対策、たるみが気になる方におすすめの化粧品です。3つの化粧品ラインで、徹底ケアをしてみませんか?


商品内容 アヤナストライアルセット(濃密化粧水20ml(アヤナス・ローション・コンセントレート)、糖化ケア美容液10g(アヤナス・エッセンス・コンセントレート)、ハリアップクリーム9g(アヤナス・クリーム・コンセントレート)10日分
価格 初回特価&送料・手数料無料&30日以内返金保証アリ
備考 「目元用アイクリーム1回分」プレゼント中
口コミ 「刺激感が一切なく、肌に潤いが出てきました。」「使い始めてすぐに肌の調子に変化が!継続してみたら肌にハリがよみがえりました。」「小じわが目立たなくなった気がする。」

公式サイトへ


FUJIFILM アスタリフト ベーシックトライアルキット

おすすめポイント!

テレビCMでもおなじみ!『アスタリフト』は大人気の化粧品です。写真やカメラでおなじみのフジフィルムでは、エイジングケア向けの化粧品を販売しています。


これまでの研究知識が活かされた化粧品で人気があります。まずひとつめの成分は「アスタキサンチン」です。非常に優れた抗酸化作用があり、なんと、CoQ10の1,000倍ものハリパワーがあり、活性酸素も除去して若々しさをサポート


トマトに含まれる「リコピン」や「3種のコラーゲン」が、肌のエイジングケアになり、ハリのあるみずみずしい肌へ。しかも、ナノ技術によって、浸透性もGOOD!


健やかでハリのある透明感のある肌にサポートしてくれます。


商品内容 アスタリフトベーシックトライアルキット(ジェリー、ローション、エッセンス・デスティニー、クリーム)5日分
価格 通販限定特価&送料無料
口コミ 「CMでみてトライアルキットを試したら肌に合っていました。」「肌がしっとりするのにベタつかなくて気に入っています。」「潤いが出て肌が引き締まった感じがします。」

公式サイトへ


メディプラスゲル

おすすめポイント!

毎日忙しい女性にも、エイジングケアを考えている女性にもおすすめしたい化粧品。『メディプラスゲル』は、手軽で便利なオールインワンタイプの化粧品になります。


これひとつで、「化粧水、美容液、乳液、クリーム」の役割を果たしてくれるので、毎日続けやすいスキンケアが実現。


また、化粧水から始まるスキンケアは、肌がデリケートな状態では刺激になるリスクがあります。ですから、オールインワンゲルは刺激を抑えることができます。


しかも、もともと全国の皮膚科・美容外科のメディプラスオーダーズの一般商品化なので、非常に効果が期待できます。


肌に刺激を与える防腐剤は不使用でありながら、62種類の美容成分が肌にハリを与えて、弾力を取り戻し、艶のある肌をサポートしてくれます。これまでに250万本販売した実績が、ここにあります。


商品内容 たっぷり60日分お試しコース
価格 特価&送料無料&30日間返金保証アリ
口コミ 「リピート率の高さのワケを実感できました。」「年齢的に仕方ないとあきらめていたのですが、ハリや弾力が出てきて、若返った気分を味わっています。」「これ1本なのに、今までと違う肌感がある!」

公式サイトへ


シズカニューヨーク 日本人女性のための年齢化粧品

おすすめポイント!

エステ級の美容ケアを自宅でしてみませんか?


『シズカニューヨーク』の『日本人女性のための年齢肌化粧品』を知っていますか。ニューヨークでも人気のエステサロンが、日本人女性の肌に合わせて作られた化粧品です。


シミやしわ、ハリ、やたるみなどの悩みに適した、ダブルタイムレスケア理論により、美肌サポートになります。年齢を重ねると、シミもシワも気になる肌トラブルです。どちらにも対応しているのが、こちら。


究極の美白化粧水&保湿美容乳液の2本で、スキンケアが完了!たった2本でも実力派で、シミとしわを同時にケアできます。


化粧水のホワイトニングエッセンスはコラーゲン高配合で、リフティングクリーミーセラムは保湿性に優れています。


商品内容 モニター募集「オールイン2BOX(薬用化粧水(ホワイトニングエッセンス)、保湿美容乳液(リフティングクリーミーセラム)」
備考 ここに説明文を入力
口コミ 「新しい肌に生まれ変わったみたいに肌にハリが出てきました。」「2ステップでこの効果は大満足。」「さわり心地がぷりぷり♪こんなに違いが出るとは思ってもみませんでした。」「さっぱりしたテクスチャーでべたつかない。」

公式サイトへ



MUNOAGE(ミューノアージュ)トライアルキット

おすすめポイント!

年齢を重ねてもキレイを維持するためにオススメの化粧品がこちら。


『MUNOAGE(ミューノアージュ)』は、7種類もの「ペプチド」を配合している化粧品です。


シミやシワ、ハリや弾力の低下が気になる方に。


このラインの中でも、保湿化粧水・モイスチュアチャージローションは、肌ダメージを修復することができるまるで美容液レベルの化粧水になっています。


肌に潤いを注いで、年齢とともに低下してしまうハリや弾力をアップ。まだまだ若々しい肌の維持をサポートしてくれます。


メディアでも取り上げられ、人気のある化粧品です。


商品内容 トライアルキット(保湿化粧水(モイスチュアチャージローション)、クリーム、薬用美容液)10日分
価格 特別価格&送料無料・代引き手数料無料
口コミ 「毛穴が引き締まった肌のキメが整いました。」「毎日使っていたらもちもち感が出て若返った感じ。」「保湿感の良いテクスチャーでお気に入りです。」

公式サイトへ



Attenir(アテニア)時計美容スキンケアライン

おすすめポイント!

アテニアの「時計遺伝子」に着目し、作られたスキンケアライン。新発想のスキンケアで、この先に肌の差がつく。


一般的なスキンケアでは、潤い成分を肌に与えるという方法になっていますが、この化粧品では、肌の根本能力を目覚めさせます。これによって、肌本来のハリや弾力を引き出すことができます。


時計美容では、朝と夜とでアイテムを使いわけ、日中・夜の肌状態に適したケアを行います。しかも、エイジングケアになり、3D美肌をサポート。醗酵コラーゲンやクインシードエキスなどが、肌をサポートします。


商品内容 ハリ実感プログラム(フェイシャルソープ 、ローション 、デイエマルジョン 、ナイトクリーム )14日間
価格 特別価格&送料無料 ※数量限定
口コミ 「びっくりするほどの潤いです!」「肌のぱさぱさが全くなくなり、保湿されてもっちりしています。」「ナイトクリームはしっとりで朝まで続きます。」

公式サイトへ

b.glen(ビーグレン)トライアル

おすすめポイント!

年齢を重ねた女性に大人気!


『b.glen(ビーグレン)』シリーズは、米国・カリフォルニア発のサイエンスコスメになります。ビバリーグレンラボラトリーズのブライアン・ケラーさんが開発したもので、「浸透深度」という発想にこだわっています。


優れた成分も、肌に浸透しないと効果が出ないという考えで作られています。先端テクノロジー「Qusome(キューソーム)」によって、肌に浸透していき、肌の奥から潤いを。


しかも、肌の悩みは人それぞれであることに着目し、肌トラブルの原因を19種類に細分化し、8つのプログラムになっています。


毛穴ケアからホワイトケア、たるみ・ほうれい線ケアや乾燥、保湿ケア、ニキビケア、ニキビ跡ケア、目元ケア、ディープラインケアなどが開発され、自分の肌と悩みに合うコスメが見つかりやすくなっています。


商品内容 肌悩みのための新しい8つのトライアルセット
価格 特別価格&全国送料無料&365日間返品・返金保証アリ
口コミ 「サイエンスコスメはお初でしたがスゴイですね。」「肌の奥にぐんぐんと成分が浸透している感じで、効き目を実感しています。」「肌のキメが整い、気になっていた毛穴がキュッと引き締まりました。」

公式サイトへ


AJモイスチャーゲルクリーム ALL-J

おすすめポイント!

季然堂の『AJモイスチャーゲルクリームALL-J』は、世界初の日本製で高品質のオールインワン美容液です!


全成分の原材料から日本製にこだわっているので安心です。もちろん、加工まで日本で行っています。注目すべきは配合成分の「超長鎖型天然ヒト型セラミド」です。


なんと、植物セラミドに比べて約15倍、合成セラミドの約3倍もの保湿力を持っています。コラーゲンやヒアルロン酸を包み込む保水力で、うるおいとハリのある肌をサポートします。


贅沢にこのセラミドを使用しているところが特徴的であり、さらには保湿成分が肌に浸透しやすく、米ぬか発酵エキスも配合しています。


化学系添加物は不使用で肌に刺激感もなく、オールインワンタイプなのでスキンケア中の余計な刺激対策にもなります。それに、オールインワンなので忙しい女性にもピッタリです。


商品内容 モニター定期セット ※WEB限定キャンペーン
価格 送料のみ!※先着500名限定
口コミ 「敏感肌なのですが肌にやさしくて荒れません。」「日本製で安心ですし、文句の付け所がないほどの保湿力に大満足です。」「とにかく潤う。ベタベタしないのに肌の潤いが長続きで化粧崩れも減りました。」

公式サイトへ

ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル

おすすめポイント!

人それぞれ肌の悩みは違うもの。多くの女性が抱える6つの悩み「シミ、敏感肌、乾燥肌、肌荒れ、しわ、ニキビ」に有効なオールインワンジェルがあるといったら?それが、『ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル』です!


これひとつで複数の肌トラブルを改善に向かわせてくれます。しかもオールインワンタイプなので、このジェルのみで「化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、下地」の6役をこなしてくれます。


オールインワンタイプでもあなどれません。99%美容成分で構成されています。そのひとつは、「紫根エキス」というエイジングケア成分です。さらに、欧州で医者の薬と呼ばれるほどの「カモミラエキス」など、8種類の厳選された植物エキスをブレンドしています。


シミやくすみにも嬉しい美白作用を持ち、エイジングケアに良いプラセンタエキスに加え、2種類のコラーゲン(高分子&低分子)やヒアルロン酸が補給できます。これらの成分が肌の調子を高めて、肌トラブル対策に。


商品内容 初回限定お試し定期便
価格 初回60%オフ&送料無料&30日間返金保証アリ&特別特典プレゼント付き
備考 ここに説明文を入力
口コミ 「ニキビができにくくなりました。保湿感がすごく、日中のメイク崩れも解消しました。」「これひとつしか使っていないのに、いくつもの基礎化粧品を使ったかのような仕上がりに感動!」「シミやシワどちらも気になっていたのが両方ともケアできてうれしい。」

公式サイトへ

ライスフォース トライアルキット

おすすめポイント!

今注目のお米のパワーを試してみませんか??


『ライスフォース』は、私たち日本人の身近な食品、お米から作られた美容成分を使っている化粧品です。質の良さ、安心感、そして保湿感や潤い力が人気の理由になっているようです。


ライスフォースの全ラインに「ライスパワーエキス」を高配合しています。この成分が角質層まで行き届き、肌をもちもち、そしてしっとりにしてくれます。保湿された肌は肌本来のバリア機能も高め、新しい肌トラブル対策にもなります。


まるでエステ級コスメとして、多くの方から選ばれている実力派基礎化粧品、試してみませんか。基本は3セット(薬用保湿化粧水、薬用保湿美容液、薬用保湿クリーム)で使う方法がおすすめです。


商品内容 基本3セット(薬用保湿化粧水、薬用保湿美容液、薬用保湿クリーム)orお得な5点セット
価格 初回80%オフ&全国送料無料&全額返金保証アリ ※ネット限定
口コミ 「トライアル分だけで肌に違いが出て驚いています。」「すっぴん肌でもきれいと褒められるようになりました。」「肌ツヤが良くなったのが自分でもわかります。ファンデののりが最高!」

公式サイトへ

更年期を乗り切る肌トラブル対策 ビタミンB群&無添加がポイント

更年期に入ると肌の調子が乱れますが、コラーゲンやヒアルロン酸不足に加えて、女性ホルモンのバランスが乱れるためです。

 

エストロゲンという女性ホルモンが、閉経を迎えるにあたって急激に減少します。これプラス、保湿成分の減少によって、肌は乾燥していき、肌の調子を低下させます。

 

もっとも、更年期に心がけたい肌トラブル対策は、保湿ケアです。エストロゲンが減少すると皮脂が減るため、肌を保護することもできなくなります。

 

まずは肌の乾燥を防ぐ必要があるため、保湿ケアが必須になります。とくに洗顔したあとは水分がすぐ蒸発していくので、すぐに化粧水で潤いを与えて、美容液やクリームでスキンケアをしてください。エイジングケアコスメも利用しましょう。アンチエイジングによって、若々しさを取り戻せます。

 

ただし、肌が乾燥していると、添加物などに反応しやすくなるため、なるべく肌にやさしいケアをしましょう。オールインワンタイプなら余計な刺激を防げますし、無添加の化粧品を利用することで、デリケートな状態の肌にも潤いを与えることができます。

 

それから、体内からのケアもおすすめです。とくにおすすめしたい栄養素は「ビタミンB群」です。

 

ビタミンB群には、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進する作用があるため、しっかりと補給するようにしましょう。食事で補いきれない場合はサプリメントを利用する方法もあります。

 

スキンケアとサプリメントのケアを並行して行うようにすると、より効率よくケアすることができます。

 

50代のスキンケアで重要!「ターンオーバー」を意識すること

 

アラフィフになったら、アラフィフに対応した化粧品でスキンケアをしましょう。お肌の分岐点ですから、スキンケアを見直すべきです。

 

とくに意識したいことは、「ターンオーバー」です。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことです。表皮の古い角質は一定のサイクルで剥がれ落ちて、新しい細胞に生まれ変わる仕組みになっています。

 

一般的にターンオーバーの周期は28日サイクルになっていますが、年齢を重ねるにつれて、また生活習慣の乱れによりサイクルが遅れてしまいます。

 

年齢的にみると、50代になると、なんとターンオーバーの周期は通常の2倍にあたる、約56日周期になるのです。

 

このようにターンオーバーが乱れていると、いくら有効な美容成分でも肌に浸透しにくく効果があらわれにくくなります。しかも、ターンオーバーの乱れで、シミやシワも目立つようになります。

 

ですから、まずはターンオーバーを促進することを意識して、スキンケアを行いましょう。肌細胞を活性化させる成分が使われているエイジングケア化粧品なら、ターンオーバー促進のスキンケアになります。

 

肌をしっかり保湿することも大切です。潤いを与えて保湿させることで弾力も出て、ハリのある肌になります。

 

ターンオーバーを28日周期に戻すことは難しいのですが、少しでも周期を短くするためにケアをする必要があります。

 

また、ターンオーバーを促進していくためには、生活習慣も重要になります。生活習慣の乱れもターンオーバーの乱れになるため、規則正しい生活を送るように心がけてください。

 

早いうちからターンオーバーの促進は意識するべきですが、50代になってもエイジングケア化粧品を活用していくことで、サイクルを促進することができます。

 

基礎化粧品を見直して50代をイキイキと!~まとめ~

年齢を重ね、アラフィフになると肌の悩みも深刻になってきます。

 

  • 乾燥
  • シワ
  • シミ
  • くすみ
  • ほうれい線
  • たるみ
  • フェイスラインのくずれ

 

など。

 

50代になることで、体内にあるはずのコラーゲンやヒアルロン酸など、保湿、美肌に欠かせない成分が減少すること、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少していき、ホルモンバランスが変動することなどが肌トラブルの元になっています。

 

実際に肌トラブルを自覚しても、「歳だから…」と諦めの言葉は、いうべきではありません。事実、加齢は関係していますが、肌を若々しさを維持したり、若さを取り戻す、さらに60代で差をつけることもできます

 

そのためにはスキンケアを見直しましょう。必要なら、洗顔からすべて見直すことです。まずはご自身の肌状態、肌質をチェックしてください。

 

乾燥しているか、どのような肌の悩みを抱えているか、それに適した基礎化粧品を選び、正しいスキンケアを続けることで、アンチエイジング効果が期待できます。

 

とくにおすすめはエイジングケアラインであること。50代の肌は乾燥しやすくデリケートなので、無添加や天然系成分を使っている肌にやさしいものがおすすめです。いかに自分に合う基礎化粧品を選ぶかが、アンチエイジングの第一歩です。

 

放っておくと肌の老化は加速します。まだ50代でも、見た目年齢が60代以上になることもあります。でも、60代になったとき、50代の若さになれていたら嬉しいと思いませんか。そのためにも、スキンケアを見直してみましょう。

 

50代は日焼け対策も重要!紫外線予防で美肌ケアを

 

紫外線はお肌の大敵。これは、美容の常識ですね。もうすでに紫外線対策、日焼け対策をされている女性は多いと思います。

 

50代になったら、さらに徹底して紫外線対策をするべきです。

 

若いころは紫外線を受けてもなんともなかった肌は、徐々に衰えていき、50代になると若いころに積み重ねたダメージが浮き彫りに、そして新たな紫外線を受けやすくなっています。

 

乾燥した肌はとくにバリア機能が低下していて、紫外線ダメージをもろに受けてしまいやすい肌状態なので要注意です。

 

新しく紫外線を受けて日焼けし、元に戻らないと経験したことはありませんか。10代20代の若い年齢層なら、ターンオーバーが整っているため、すぐにシミになることもありません。

 

ところが、年齢を重ねてターンオーバーは乱れ、50代になるとターンオーバーのサイクルが顕著に遅れていきます。

 

すると、古い角質は肌に残り、新しい細胞への生まれ変わりが滞ります。この結果、紫外線を浴びて発生したメラニンが排出されず、それが残って色素沈着が起きて、シミができやすくなってしまいます。

 

ですから、新しいシミを増やしたり、くすみ、シワを防ぐためにも、紫外線対策を徹底しなければなりません。

 

外出の際は、日焼け止めクリームや日傘などで対策をしましょう。ちなみに、日焼け止めクリームはUVケア効果が低めのものをこまめに塗る方が効果的です。

 

朝一度塗るだけでは不十分なので、外に出ている間は汗で流れるため、こまめにクリームを塗って対策してください。

 

また、化粧品での日焼け止めもおすすめです。顔は日焼け止めクリームを何度も塗ることができないので、UVケア対応になっているファンデーションなどがおすすめです。

 

また、紫外線対策は夏にされる方が多いと思いますが、実は秋から春にかけてが一番紫外線が強いことを知っていますか?天気が晴天でなく、雲っている日でも紫外線は放出されています。油断は禁物です。1年を通して、紫外線対策をしましょう。

 

室内にいる場合でも、窓からも紫外線が入るため、紫外線対策が必要になることもあります。気を付けてくださいね。

 

更年期に起こる肌の変化とスキンケアの方法

 

閉経を迎える前後5年、あわせて10年間を更年期としています。個人差がありますが、年齢的に大体45~55歳が更年期に該当します。

 

この時期になると、なにかと体に変化が出るものです。それは、皮膚であるお肌も同じ。更年期は女性ホルモンのバランスが乱れていきます。女性ホルモンの一種、エストロゲンが閉経にむけて急激に減少していきます。

 

このため、ホルモンバランスが乱れて、身体や肌に変化が出てきます。更年期障害も、女性ホルモンの乱れからくる症状です。

 

そして、お肌と減少するエストロゲンは密接に関係しています。別名「美肌ホルモン」と呼ばれるほど、エストロゲンは美肌に関わっています。

 

そのホルモンが減少していくため、皮脂の分泌が減ったりと肌の潤いは低下し、肌のバリア機能も落ちてしまいます。この結果、肌は乾燥していきます。40代を過ぎて、急激に肌が乾燥するのはこのためです。

 

同時に、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなどの保湿成分も減少していきますから、肌の乾燥に拍車がかかってしまいます。

 

こうして肌が乾燥すると、シワやたるみが目立つようになり、肌も荒れやすくなります。紫外線など外部ダメージに弱くなり、化粧品の添加物などにも反応しやすくなります。

 

このように更年期になると肌のコンディションは大きく変化します。お肌の分岐点のひとつです。ですから、アラフィフになったら、今一度スキンケアを改めていきましょう

▲TOP