50代女性のファンデーションは「リキッド」で!

50代女性のファンデーションは「リキッド」で!

50代女性のファンデーションは「リキッド」で!

50代女性のファンデーションは「リキッド」で!50代になり、今まで愛用していたファンデーションが合わないと感じることはありませんか。基礎化粧品と同様に、ファンデーションも見直すタイミングです。

 

ファンデーションにもさまざまな種類があります。こちらもまた、年齢別に登場しているほど。ですから、50代に合う、自分の肌に合う化粧品を探してみましょう。

 

ファンデーションにも種類がありますが、50代には「リキッドタイプ」がおすすめです。リキッドファンデーションは肌に潤いを与える成分が入っていて、ナチュラルに仕上げやすさもポイント

 

パウダータイプに比べると、ツヤ感を出しやすくすることができます。また、パール入りのものを利用すると、光拡散効果で肌の凹凸やシワを目立たなくすることもできます。

 

似た理由で、「ミネラルファンデーション」もおすすめです。ミネラル類によって、肌に潤いを与えて、かさつく、粉が噴くといったトラブル対策になります。

 

リキッドファンデーションが苦手な人は、パウダーファンデーションでもOKですが、その場合は潤い成分が配合された、保湿性のあるものを選びましょう。

 

リキッドでもパウダーでも、塗るときにはスポンジで一度、手の甲でポンポンっとなじませてから、顔に伸ばしていくと、ファンデーションの浮きや化粧崩れ対策になります。

 

ファンデーションなどの化粧品も、基本的にはエイジングケアラインのもの、50代向けのものがおすすめです。

 

また、化粧前にきちんと化粧水などでスキンケアをしておくことも、乾燥対策とメイクをキレイに仕上げるために重要になります。

 

目的別の化粧下地でナチュラルに!

シミや皮膚の凹凸を隠すために、ファンデーションを厚塗りしがちな50代。ファンデーションを厚塗りすることで、一見、肌トラブルが隠れて見えますが、逆に老けて見られるのでおすすめしません。

 

あくまでナチュラルに仕上げるメイクが、若々しさを演出します。

 

しかし、ファンデーションだけでは、浮きやすい、毛穴のたるみやシミが隠せないという声も・・・。そこで、「化粧下地」を使うメイク術も50代女性におすすめです。

 

化粧下地にもさまざまなタイプがあります。基本は保湿性のあるものがおすすめですが、シミを隠すタイプや、肌の凹凸をなくすタイプなど、いろいろな種類があるので、目的に合う化粧下地を取り入れてみてください。

 

ファンデーションの前に下地をのせるだけでも、ナチュラルに仕上げやすくなります。

▲TOP