50代女性のためのメイク術 若々しく見せるコツ

50代女性のためのメイク術 若々しく見せるコツ

50代女性のためのメイク術 若々しく見せるコツ

50代女性のためのメイク術 若々しく見せるコツ年齢を重ねるごとに化粧が濃くなっていっていませんか?

 

メイクは常に流行があり、流行遅れも老けてみられますし、かといって若作りすぎるメイクも逆に老け顔に。とくに、厚化粧は老けた印象をもたらします

 

ですが、50代になると、隠したい肌トラブルが増えるものです。「シミ、くすみ、シワ、ほうれい線、目の下のクマ、目元のくぼみ、たるみ、フェイスラインの崩れ」などなど・・・。

 

お化粧で隠そうとすると、どうしても化粧が濃くなりがちです。

 

50代の女性が抱える肌の悩みは、メイク次第で隠すことができます。ただここでポイントになるのは、がむしゃらに厚塗りするのでなく、「ナチュラル」に仕上げること。これが、若々しく見せるコツです。

 

流行を取り入れつつ、ナチュラルに仕上げることで、若く見せることができます。

 

ベースは化粧下地
まずは化粧水からのスキンケアで、しっかり肌を保湿します。そのあと、化粧下地を使います。シミをカバーしたり、毛穴のたるみや、肌の凹凸を隠すことができます。

 

気になる部分はコンシーラーを使ってもOKです。

 

ファンデーションは薄めに
リキッドファンデーションやミネラルファンデーションが50代女性におすすめです。潤いのあるファンデーションは、メイクの浮きや粉が噴くといったトラブル対策になります。化粧崩れもしにくくなります。

 

ファンデーションはスポンジにとったあと、手の甲で一度なじませてから、顔の肌にのばしていきます。薄めに伸ばしていきましょう。

 

パール系のファンデーションを使うと、肌のハリを演出できます。また、保湿性やUV対策のファンデーションもおすすめです。

 

アイメイクはすっきりと
アイメイクでは、マスカラを何度も重ね塗りしたり、アイラインを濃くすると、下品になってしまいます。

 

まつ毛の根本からマスカラをのせていき、アイメイクはあわめに仕上げます。

 

アイブロウは明るめで太目に
現在眉毛は太めがはやっていますが、色は薄めがおすすめです。明るいカラー、髪の色に合う色で太めに描きます。

 

チークでほうれい線を隠す
チークを使うとき、頬の真ん中より、高いところにまるく描くようにいれると、ほうれい線を目立たなくすることができます。

 

これらが、50代女性におすすめのメイク術のポイントです。

 

ナチュラルに仕上げることを意識して、メイクしてみてください。また、化粧にかける時間はなるべく短時間で済ませましょう

▲TOP