50代女性の保湿ケア 皮脂をカバーする!

50代女性の保湿ケア 皮脂をカバーする!

50代女性の保湿ケア 皮脂をカバーする!

50代女性の保湿ケア 皮脂をカバーする!50代になると、肌は乾燥してしまいます。若いころは潤っていたはずの肌は、内部から乾燥していきます。

 

10代、20代前半は皮脂に悩む、脂性肌に悩まされていた人も、皮脂が減っていき乾燥していくものです。

 

これは年齢だけでなく、女性ホルモンも関係しています。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という種類があります。

 

エストロゲンは「美肌ホルモン」と呼ばれるほど、美容に関わっているホルモンです。しかし、エストロゲンは閉経にあたって減少していきます。

 

そのため、アラフィフになると更年期に入り、エストロゲンが急激に減少します。

 

エストロゲンには、皮脂分泌を行う働きがあるため、このホルモンの減少によって、肌を守るはずの皮脂も減ってしまいます

 

皮脂は脂っぽい肌に悪いイメージがあるかもしれませんが、天然の保湿成分のひとつと考えてもいいでしょう。皮脂がなくては、いくら保湿成分を与えても蒸発してしまいます。

 

ですから、50代になったら減少する皮脂をカバーする保湿ケアも必要になります。べたつくからとクリームや乳液を使わないスキンケアはいけません。油分をある程度は補給しましょう。

 

ホホバオイルやスクワランなどの油分がおすすめです。油分のある乳液をスキンケアの最後に使用することで、肌の潤いを閉じ込めることができます。

 

基本の保湿成分 コラーゲンやヒアルロン酸なども補給しよう!

年齢を重ねると、肌内部に存在する保湿成分は減少します。

 

しかも、女性ホルモンのエストロゲンには、体内でのコラーゲン生成を促す働きもあるため、エストロゲンの減少で、さらに保湿成分の減少に拍車がかかります。

 

乾燥している肌を保湿するためには、コラーゲンなどの保湿成分を補給していく必要もあります。

 

コラーゲンだけでは不十分です。他にも、「ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド」などの成分もしっかり補給できる基礎化粧品を利用しましょう。

 

潤い成分を化粧水や美容液、乳液で与えていくケアを続けることにより、肌は保湿されます。

 

肌が保湿されるとバリア機能も向上し、紫外線などの外部刺激から肌を守ることができます。

 

保湿されることによって、小じわなどの肌トラブルを目立たなくすることもできます。

▲TOP