50代の顔のたるみを改善するには?スキンケアを見直す!

50代の顔のたるみを改善するには?スキンケアを見直す!

50代の顔のたるみを改善するには?スキンケアを見直す!

50代の顔のたるみを改善するには?スキンケアを見直す!若々しい肌といえば、シワもなくハリや弾力があってもちもちとしている肌です。ふっくら感があり、それだけで若さを感じます。

 

ところが、年齢を重ねると肌も衰えていき、さまざまなトラブルが増えます。40代50代になると、その肌の変化は顕著にあらわれます。シワやほうれい線、シミやくすみ、そして「たるみ」の悩み。

 

肌のたるみは老化を印象付ける肌トラブルの代表ともいえます。これは、ハリや弾力が失われているために起こります。

 

赤ちゃんの肌はふっくらとしていてもちもちしていますが、これはコラーゲンをたっぷり含んでいるからと言います。そこから年齢を重ねるごとにコラーゲン量は減少していき、40代50代はとくにコラーゲン量が少なくなります。

 

さらに、ヒアルロン酸やエラスチン、セラミドなど、さまざまな保湿成分が減少するため、肌のハリは失われていき、目元や頬がたるんでしまいます

 

ここで諦めるか、たるみを改善するケアを始めるかで、これからの肌に違いが出ます。できたらたるみは改善してハリのある肌になりたいですし、60代になったら50代に見えるような若さになりたいですよね。

 

それなら、今までのスキンケア、基礎化粧品を見直しましょう。基礎化粧品は一般的に、多くの女性が若いころから同じものを使っている傾向がみられます。

 

肌に合うもの、気に入ったブランドを長年使う方は多いですが、年齢に合わせて、基礎化粧品はかえていくべきです。50代なら、エイジングケアラインの化粧品がおすすめです。

 

一般的にエイジングケア用の化粧品は、年齢を重ねて起こる肌トラブルに対応しているので、たるみの改善にもおすすめです。

 

たとえば、「コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド、プラセンタ、ビタミンC誘導体」が入っているものがエイジングケアにおすすめです。定番的な成分といえます。

 

保湿を徹底することも大切です。乳液やクリームは油っぽくて避けているという方も多いかもしれませんが、それを使わないと50代の乾燥肌をケアできません。

 

50代になると、皮脂も減るので、保湿成分が蒸発しないように、油もある程度は補給する必要があります。なるべく同じエイジングケアラインの化粧品で揃えて、乳液やクリームもきちんと使いましょう。

 

スキンケア前のコツ ピーリングやホットケアもおすすめ

年齢を重ねると肌のターンオーバーも乱れます。ターンオーバーの乱れも、肌トラブルと関係してきます。そのため、ターンオーバーを意識する必要もあります。

 

ターンオーバーを促すためには、ピーリングケアも効果的です。フルーツ酸などで、肌の表皮にある古い角質を落とすことで、新しい細胞を引き出す方法で、ターンオーバーの促進になります。

 

ターンオーバーが乱れて肌のごわつきが気になるときには、オイルマッサージも効果的。マッサージオイルを使い、マッサージしてあげると、肌をなめらかにできます。

 

また、スキンケア前に、蒸しタオル(ホットタオル)で顔を温めて、マッサージしておくと血行が促進されて、その後使用するエイジングケア化粧品の有効成分が浸透しやすくなります

 

マッサージは日々の習慣にすることをおすすめします。顔の筋肉を鍛えるエクササイズも、マッサージと同じように良い刺激を与えて、ハリを高めることができます。

 

表情筋を使うエクササイズを使うと、筋肉の衰えを防いで、たるみの改善になります。

▲TOP